後遺障害,時期,交通事故,名古屋
トップページ
(後遺障害とは)
後遺障害認定
後遺障害認定について
むちうち症について
後遺障害認定の適否
交通事故による
後遺障害の認定機関
損害保険料率算出機構
後遺障害の等級
労災保険と後遺障害認定
「後遺障害」と「身体障害者手帳の障害」
後遺障害と認められる
ポイント
後遺障害認定における
診断
後遺障害認定における診断書の内容
損害保険料率算出機構の調査方法
後遺障害の
申請可能な時期
後遺障害の
認定にかかる期間
損害保険料率算出機構の
文書照会
後遺障害認定結果に対する保険会社への理由確認
損害保険料率算出機構の
直接説明
後遺障害認定の
詳細説明請求
後遺障害認定に対する
異議申立て
認めてもらえる
異議申立て
異議申立ての審査場所
後遺障害審査会とは
異議申立て以外の
不服申し立て
後遺障害認定の
異議申立て先
過去の
後遺障害認定の履歴
加重障害とは
加重障害が
認められないケース
後遺障害の相談
症状が続いても後遺障害と認められないケース
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級の差異
他覚的症状でも
12級と認められない場合
よくある質問
弁護士をサポートします
   
後遺障害認定
会社案内
弊社に依頼するメリット
報酬表
お問合せ

行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅
名古屋オフィス 名駅
大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


後遺障害の申請可能な時期

後遺障害の申請可能な時期

 後遺障害は、いつから申請できるという明確な決まりはありません。

 基本的に「後遺障害診断書」を治療担当医師に作成してもらえば、その時点で申請は可能です。ただ、通常は交通事故から早くて半年後、長ければ何年か経過後に申請することになるのが一般的です。

 自賠責保険における後遺障害というのは、交通事故による怪我に対し、一定期間、医療機関等で治療を継続したにも関わらず、これ以上、回復の見込みがないと医師から診断された状態に対して評価されるものですので、治療を続ければまだ回復の可能性のある障害や医師が完治を目指して治療を続けている段階での評価は原則できません。

 従って、一般的には交通事故から早くておよそ半年経過後、以降に医療機関から後遺障害診断書が発行された時点が申請可能な時期ということになります。

 また、申請時期という点については、時効の存在にも気をつける必要があります。自賠責保険の後遺障害は医師がこれ以上、治らないという診断をした日時(「症状固定日」といいます)から3年が経過すると時効が成立してしまい、以後、保険金の請求権が完全に消えてしまいます。

 平成22年3月31日に発生した交通事故以前の交通事故の場合、この期間は2年となります。ですから、「後遺障害診断書」が発行されてから保険会社に後遺障害の認定申請をするまでに相当の時間が経過している場合は注意が必要です。


後遺障害,時期,交通事故,名古屋

後遺障害,時期,交通事故,名古屋 後遺障害,時期,交通事故,名古屋 後遺障害,時期,交通事故,名古屋 後遺障害,時期,交通事故,名古屋 後遺障害,時期,交通事故,名古屋 後遺障害,時期,交通事故,名古屋
名古屋オフィスでは、後遺障害認定の専門知識を持つスタッフが、
皆様からのご相談に初回相談無料にて対応させて頂いておりますのでご安心下さい!

   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.