後遺障害,交通事故,名古屋
トップページ
(後遺障害とは)
後遺障害認定
後遺障害認定について
むちうち症について
後遺障害認定の適否
交通事故による
後遺障害の認定機関
損害保険料率算出機構
後遺障害の等級
労災保険と後遺障害認定
「後遺障害」と「身体障害者手帳の障害」
後遺障害と認められる
ポイント
後遺障害認定における
診断
後遺障害認定における診断書の内容
損害保険料率算出機構の調査方法
後遺障害の
申請可能な時期
後遺障害の
認定にかかる期間
損害保険料率算出機構の
文書照会
後遺障害認定結果に対する保険会社への理由確認
損害保険料率算出機構の
直接説明
後遺障害認定の
詳細説明請求
後遺障害認定に対する
異議申立て
認めてもらえる
異議申立て
異議申立ての審査場所
後遺障害審査会とは
異議申立て以外の
不服申し立て
後遺障害認定の
異議申立て先
過去の
後遺障害認定の履歴
加重障害とは
加重障害が
認められないケース
後遺障害の相談
症状が続いても後遺障害と認められないケース
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級の差異
他覚的症状でも
12級と認められない場合
よくある質問
弁護士をサポートします
   
後遺障害認定
会社案内
弊社に依頼するメリット
報酬表
お問合せ

行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅
名古屋オフィス 名駅
大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


交通事故による後遺障害と認められるポイント

交通事故による後遺障害と認められるポイント

 交通事故によって負ってしまった後遺障害が、本当にその交通事故が原因で追った後遺障害である、と認められるためのポイントは、大きく分けて2つあります。

 1つは交通事故によって生じた障害といえるかどうか。
 2つめは労災保険の認定基準に該当する障害といえるかどうか。
 この2点によって、交通事故による後遺障害と認められるかどうかが決まります。

 交通事故による怪我は、通常、怪我をした直後が最も重く、その後、徐々に回復していくのが一般的です。

 そのため、交通事故から一定期間経過してから症状が出てきたような場合や、交通事故以降、症状が徐々に悪化しているといった場合では、その病状は交通事故と関係がないのではないか、と疑問を持たれることになります。

 また、労災保険の認定基準には「肩凝り」「眼精疲労」「違(異)和感」「疲労感」といった障害は掲載されていませんので、こういった障害が交通事故で生じたとしても、後遺障害としては認められないことになります。


後遺障害,交通事故,名古屋

後遺障害,交通事故,名古屋 後遺障害,交通事故,名古屋 後遺障害,交通事故,名古屋 後遺障害,交通事故,名古屋 後遺障害,交通事故,名古屋 後遺障害,交通事故,名古屋
【名古屋オフィスにて、お電話・ご来社での無料相談を受付中です!】

   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.